tohai

共演二人組

劇団東俳スタッフです!

昨日は狭山スタジオ・ひたち野うしくスタジオのメンバーも東京校でレッスンの日でした。
それぞれのクラスで皆イキイキとレッスンを受けていました。

ロビーで、以前「学研ゼミ」のお仕事で共演した二人がいたのでパシャッ!!


8.27 keita-mio

谷島啓太君(ひたち野うしくスタジオ所属) と 丸山澪ちゃん(狭山スタジオ)です。
改めて並んでもらうとホントに兄妹みたい!(^^)!

また共演の機会があればいいね!!!
二人とも来週からもそれぞれガンバレ!!!

みんなガンバレ~!!!

【第452回】グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜


こんばんは!
劇団東俳スタッフです!

雨が多くて気分もどんよりしがちですが、新川はアメニモマケズ日々撮影をこなしております!
只今、毎週金曜日放送中!テレビ朝日「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」の撮影も終盤に入っております!


「立花 優子」という政治部記者役で出演中!
毎回お料理も、重要なポイントとなっていますが、なかなか食べる機会がない優子さん...
最終回までに、食べる機会は訪れるのでしょうか!




次回は第7話!
9月2日(金)23:15〜です!
皆様、お楽しみに^ ^

【第451回】真夏に燃える!

こんにちは、東俳スタッフです。
真夏ですね、オリンピックや甲子園と巷ではスポーツの話題で
盛り上がってます。
そのような中、中学生の2人(小島一華・西原かえで)も舞台
「ココスマイル7」が本日より初日を迎えています。
是非、ご覧ください。20160424200326026.jpg

【第450回】まもなくCM大会

こんにちは、劇団東俳スタッフです。

ただいま東俳では、新風公演「まなざし」と合同公演「真夏の夜の夢」の稽古真っ最中です!


「まなざし」は第28回池袋演劇祭にエントリーしており、来る8/19(金)に行われるCM大会にも出場します。

このCM大会は、池袋演劇祭に出場するチームが、持ち時間“2分”で自分たちをPRする催し物です。

昨年の新風公演「空白」では、優秀賞を受賞しました!

今年は、会場である池袋サンシャイン噴水広場がリニューアルしたので、新たな手法を取り入れての参戦となります!

20160816102556419.jpeg


8月19日(金)はぜひ
池袋サンシャインシティ アルパ地下一階 噴水広場へお越しください!

入場無料、入退場自由となっております。

http://www.ikebukuroengekisai.jp/cm/

劇団東俳の出場は18時以降の予定です。
予約不要ですので、お買い物やお食事の合間にお気軽にお越しください!!

まなざし表


【第1回研究生インタビュー】Tプロジェクト 鈴木翔吾

みなさんこんばんは!
不定期更新研究生インタビューです!

記念すべき第1回は、3歳から20歳になった現在まで東俳で活躍しているTプロジェクト所属の鈴木翔吾くんです。
東俳に入ったばかりの頃から現在、そしてこれからのことを存分に語ってもらいました!

翔吾斜め修正済




Q1
東俳に入ったきっかけは何ですか?また、その時のことで覚えていることがあれば教えてください。

A1
3歳の頃、母が新聞の広告を見て応募をして、幼稚園に入るのと同じタイミングでオーディションを受けました。その頃のことは覚えていませんが、4歳くらいのときに再現VTRのお仕事で火事シーンを撮ったことは印象的でした。当時はCGも無く、本当に家を燃やしていて、とても恐かったことを今でも覚えています。


Q2
東俳のレッスンを受けて、どう思いましたか?自分の中で変わったことがあれば教えてください。

A2
3歳からずっと続けているものなのでレッスンを受けてどう変わったかはわかりませんが、今までのレッスンの積み重ねで今の自分ができていると思います。小学生の頃、周りの人から「同じ学年の子たちとは考え方が違うね」と言われていました。東俳に入ってレッスンやお仕事など、たくさんのことを経験してきたからそういう風になったのかな、と自分では思っています。

翔吾幼稚部
入所当初の鈴木君(当時3歳)


Q3
自主公演の思い出を教えてください。また、出演して得たこと、変わったことはありますか?

A3
小さい頃から自主公演には出演していたのですが、何年か出演しない時期があって、小学校5年生のときに久しぶりに出演しました。久しぶりに舞台に立ってみて、「お芝居ってこんなに楽しいものだったんだ」と改めて気付きました。他にも色々な思いが芽生えて、その時の公演が「子役」から「役者」になるきっかけだったのだと思います。


Q4
一番印象的なお仕事は何ですか?また、現場にいったときに、レッスンのどんなところが役に立っていますか?

A4
NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」に出演させていただいたことが自分の中で一番大きなことです。初めて沖縄に行って、撮影が無いときには母と沖縄を旅したり、ロケ地で水牛に会ったり・・・すごく思い出に残っています。
時代劇のレッスンで身についた所作や着付けは、時代劇はもちろん、現代劇でも浴衣を着たりするときの動き方やさばき方にとても役に立っていて、学んでいて良かったなと思います。


Q5
お芝居をする上で一番大切にしていることは何ですか?

A5
観に来てくれた方に、少しでも何かを届けられたら、という思いを大切にしています。観終わって「楽しかったな」という風に思ってもらえたらすごく嬉しいです。

翔吾空白
2015年 新風公演「空白」より


Q6
3歳から20歳になった現在まで東俳で過ごしていますが、鈴木君にとって東俳はどのような場所ですか?

A6
東俳はもう1つの実家・・・とまではいきませんが、自分にとっての「帰れる場所」です。代表の藤野先生にはわかふじ会というボランティア団体で小さい頃からお世話になり、ずっと一緒について回っていたので、僕は3人目のおばあちゃんのように思っています。本当に近いところにいてくれる、心のよりどころのような存在です。


Q7
最近では舞台「毛皮のマリー」で全国を回りましたが、公演を振り返ってみてどうですか?

A7
全国を回る舞台は初めてだったので、全てが刺激的でした。アンサンブルとしての出演でしたが、身長の兼ね合いもあってダンスのシーンではセンターで踊ることができましたし、明点して2000人のお客様の顔を見たときは圧巻でした。こんなにすごい場所で、こんなにすごい舞台に自分は立っているのかと、衝撃と興奮、そして役者としての喜びを感じました。あの舞台を経験したことによって、次は役として、もっと長い間立っていたいと思うのと同時に、自分の中で目標が明確になりました。


Q8
では、今後の目標を教えてください。

A8
自分が役者として売れたいという思いはもちろんありますが、それだけでなく、これからも東俳の舞台にたくさん立って、もっと定期的にお芝居をしたいです。そして、「劇団東俳の舞台によく出ている鈴木翔吾」としてたくさんの人に知ってもらいたいです。


Q9
これから東俳でお芝居を始めようと思っている人にメッセージをどうぞ。

A9
東俳にいる人達は本当に温かい人ばかりで、家族のようです。自主公演をやったり、色々なことに挑戦したり、一緒に頑張れる仲間達がたくさんいます。なので、ぜひ皆さんも一緒に色んなことに挑戦して、辛い思いも悔しい思いも共有して、夢を掴んでいきましょう。




鈴木君、ありがとうございました!
第2回もお楽しみに♪








鈴木翔吾
1995年10月22日生まれ
翔吾宣材


パルコ・プロデュース公演「露出狂」
チーム狂(くるう)にて出演決定!!
露出狂
劇場:Zeppブルーシアター六本木
公演日程:2016年9月30日(金)~10月10日(月・祝)
※チーム狂は、10/5 19:00・10/8 12:00・10/9 19:00
3回公演の予定です。

FC2Ad